いびき 治し方 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の症状とは? - いびきの治し方

いびき,何科,治し方

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)が怖いものだと分かっていても、あまり自覚症状が無く気付かないという場合も良くあります。
ですから、下記の項目を見てセルフチェックをするとともに、家族やパートナーにも以下のような症状がある場合には睡眠時無呼吸症候群の疑いがあることを伝えてあげるようにしましょう。

 

・いびきが途中で止まる

・睡眠時に呼吸が不規則に乱れる

・寝起きが悪い

・睡眠時に息苦しさを感じる

・睡眠時によく咳をする

・起床時の頭痛

・起床時の喉の渇き

・日中の強い眠気

・集中力、記憶力の低下

・うっかりミスの多発

 

一般的ないびきについては、一定の間隔で規則的ないびき音となります。
ですが、睡眠時無呼吸症候群では、いびき音が不規則になり、途中で止まったり(数十秒〜1分ほど)することが特徴です。

 

ですから、隣で寝ている人がこの症状に気付いた場合には「このまま死んでしまうのでは!?」と不安になってしまうと思います。
しかし、睡眠時無呼吸症候群が原因で窒息することはありえませんので、これについては心配する必要はありません。

 

ですが、こちらでも述べている通り、睡眠時無呼吸症候群は様々な障害や疾病リスクを高める要因となってしまいますので、なるべく早めに専門医などでの治療をするようにしなければいけません。

 

いびきの治し方や対策法の詳細はこちら
いびきの正しい治し方 トップページ

提携リンク