いびき 治し方 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の種類とは? - いびきの治し方

いびき,何科,治し方

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、大きく分けて下記の3つの種類が存在します。

 

・閉塞型睡眠時無呼吸症候群

・中枢型睡眠時無呼吸症候群

・混合型睡眠時無呼吸症候群

 

このなかで最も多いのが「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」であり、睡眠時無呼吸症候群患者の90%以上がこれであると言われています。

 

 

閉塞型睡眠時無呼吸症候群

閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り、上気道が閉塞することによって起こるものです。
一般的に睡眠時無呼吸症候群として語られる物の多くはこれであり、その要因としては次のようなものが挙げられます。

 

・先天的に上気道が狭い

・肥満による上気道の狭まり、閉塞

・筋肉の衰えによる舌の落ち込み

・過度の飲酒による舌の落ち込み

・仰向けで寝る事による舌の落ち込み

・咽頭扁桃による上気道の狭まり(アデノイド)

 

中枢型睡眠時無呼吸症候群

中枢型睡眠時無呼吸症候群は、脳が原因で起こるものです。

脳には呼吸の指令を出す呼吸中枢というものがあるのですが、ここに何らかの機能障害が起こると、一時的な無呼吸状態となります。

こちらの患者数はかなり少なく、稀な症状だといえます。

その特徴としては、次のようなものが挙げられます。

 

・いびきをかかない場合が多い
・呼吸のリズムが一定でなく、不規則

・睡眠時に呼吸困難となることがある

 

また、中枢型無呼吸症候群は脳腫瘍や心不全などの恐ろしい病気が原因で起こっている場合も考えられますので、まずはその原因を早急に治療しなければいけません。

 

混合型睡眠時無呼吸症候群

混合型睡眠時無呼吸症候群は、上記の2つが混合した物になります。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群によって引き起こされる酸欠により、脳の呼吸中枢の機能障害を引き起こして中枢型睡眠時無呼吸症候群を発症してしまいます。

 

いびきの治し方や対策法の詳細はこちら
いびきの正しい治し方 トップページ

提携リンク