いびきと飲酒の関係

いびきと飲酒の関係

いびきと飲酒の関係

寝る前に飲酒をすることで、いつもいびきをかく方はもちろん、いつもはいびきをかかない方までガーガーと音を立ててしまう事って良くありますよね。

 

飲酒の機会や量が多くなりがちな旅行先でいびきをかいてしまって、友人やパートナーに不快な思いをさせてしまったと言う方もいらっしゃいます。

 

では、なぜ飲酒をするといびきをかきやすくなってしまうのでしょうか?

 

飲酒によるいびきの原因

まず、最も大きな原因として考えられるのが、飲酒することによる喉の筋肉の緩みです。
普段は正常に筋肉が働いていても、飲酒によって舌や咽頭付近の筋肉が緩んだ状態になってしまうことがあります。

 

そうすると喉の奥〜鼻付近の気道が狭くなってしまいますので、これによっていびきが出てしまいます。

 

また、それだけではなく、飲酒によって鼻がつまって息がし辛くなったという経験をお持ちの方は多いはず。
これは、アルコールが血行を良くすることで鼻腔の血管が膨張するためです。

 

こうして鼻呼吸がしづらくなると、無意識のうちに口呼吸となるため、こちらもいびきの大きな原因の一つとなります。

 

加えて、アレルギー性鼻炎をお持ちの方などは、特にアルコールで鼻腔の粘膜が刺激されやすくなります。
ですから、このような方はより一層の注意をしておいた方が良いでしょう。

 

飲酒と眠りの質

飲酒後の睡眠は、実はその眠りの質を下げるという事がわかっています。
なかなか寝付けず、飲酒して寝たらスッキリした・・・と感じる方も多いかもしれませんが、これは間違いなんですね。

 

これに加えていびきまで書いてしまえば、眠りの質はもっと下がってしまいます。

 

当然、慢性的な疲労や倦怠感などの健康に害を及ぼすことも考えられますので、できるだけ寝酒は避けるようにしましょう。

 

いびきをかくことは、まさに「百害あって一利なし」です。
早めのいびき対策を心がけましょう。

 

いびきの治し方や対策法の詳細はこちら
いびきの正しい治し方 トップページ

提携リンク